GB・GBAカセットをUSBメモリに改造する

ヒカルの碁 DIY

レトロなUSBメモリを自作しよう

USBメモリを分解して、GB(ゲームボーイ)やGBA(ゲームボーイアドバンス)のカセット風にカスタマイズしてみました。
ケースを変えるだけなので、電子工作の知識は一切不要です。

GBカセットを使った制作例

GBカセットとGBAカセットを使って2つレトロなUSBメモリを作りました。

マリオUSB

GBカセットを使ったUSBメモリのカスタマイズは下の動画にまとめています。
ブログ記事ではGBAカセットを使って解説していきます。

室井
Youtubeチャンネル開設しました!
登録お願いします!!

用意するもの

特殊ドライバーさえ用意すれば、他は家にあるもので大体揃うと思います。
普通のカッターだけだと日が暮れるので、Pカッターかホットナイフが家にない人は用意してください。

必須

推奨

下記のものはあると便利ですが、なくても作れます。
電動ドリルはホルダーリングを作る場合に必要になります。

  • はんだこて
  • ペンチ
  • ニッパー
  • 瞬間接着剤
  • 電動ドリル
  • ドライヤー

制作手順

それでは、早速USBメモリの制作に取り掛かります。
破損する可能性も十分ありますので、壊れても問題ないものを使用してくださいね。

1. USBメモリの分解

USBメモリの外装を剥がしていきます。
中の基盤さえ傷つけなければ、適当に壊して大丈夫です。

シリコンパワーのUSBメモリは外装がかなり頑丈で、Pカッターでも削るのは大変です。
電動ドリルで穴を空けて、そこからペンチで広げました。

東芝のUSBメモリの方が分解しやすいので、分解前提ならそちらの購入をオススメします。
USBメモリ分解

基盤の側面が接着されているので、外装を左右に広げていきます。
USB分解02

ある程度広げたら引っこ抜くことができます。
うっかり基盤に引っかき傷を付けましたが、動作に問題はありませんでした。
傷

2. GBAカセットケースの加工

GBAカセットはYネジを外してスライドすると簡単に開きます。
GBA分解

USB端子を出すための穴を空けます。
Pカッターで空けましたがかなり時間がかかったので、途中で面倒になってはんだこてで溶かしました。
ホットナイフを買うべきだったと反省。

ケース加工

ケースの表面にも同様に穴を空けます。
ケース加工02

USB端子の高さがギリギリで、微妙にケースが閉まりません。
仮組み

ケースを貫通しないように注意しつつ、少し削って薄くする必要があります。

3. 基盤の加工

カセットの端子部分が見えるようにしたいので、USBメモリと干渉しないように加工します。
基盤加工

瞬間接着剤で固定しました。
基盤固定

4. USBメモリの取り付け

グルーガンを使ってUSBメモリを固定します。
盛りすぎるとケースが閉まらなくなるので気をつけましょう。
グルーガン

盛りすぎた場合はドライヤーで温めてグルーガンを溶かしましょう。
グルーガンはリカバリーが効くので扱いが割と容易です。
ドライヤー

固定したらケースを閉めて完成です。

5. ホルダーリングの作成

電動ドリルで空けるだけです。
空けるかどうかは自分で決めてください。

created by Rinker
ニッサチェイン(Nissa Chain)
¥346 (2021/09/24 06:36:05時点 Amazon調べ-詳細)
室井
電動ドリルで穴を空けてるシーンは動画を見てね!

完成

完成したヒカルの碁USBメモリとマリオUSBメモリがこちらです。
やたらポートを埋めるので実用性は低めですね。

外で使ったら話のネタにはなると思います。
完成