Googleで「スピードテスト」とググるだけ!スマホの回線速度の測定方法

speedtest WEBサービス

スマホでネットサーフィンをしていると、画像や動画の読み込みが遅いときってありますよね。

そんなときは回線速度がどれぐらいなのか調べてみましょう。
Googleで「スピードテスト」と検索するだけで簡単に測定できますよ!

スマホの回線速度を測定してみよう

Googleで「スピードテスト」で検索します。

ブラウザはSafariでもなんでも大丈夫です。
検索エンジンをGoogleにすることが重要です。

僕はSmoozというブラウザを使っています。

検索検索すると一番上にインターネット速度テストという項目が表示されます。
「速度テストを実行」をクリックしてください。

ダウンロードとアップロードの速度の測定が始まるのでしばらく待ちます。

ダウンロード速度

↑ダウンロード速度の計測

アップロード速度

↑アップロード速度の計測

計測結果が表示されました。

Mbpsで書かれてもピンとこない人のために、どれぐらいのことができるのかも教えてくれます。
僕の環境は・・・酷いですね。

計測結果

みゅう
地下鉄のフリーWi-Fiでも使ってるんですか?
室井
自宅なんですけどね…

Mbpsとは何なのか?

bpsとかBpsが何を表しているのか、簡単に解説していきます。

コンピューターの基本は"0"と"1"

コンピューターはONとOFFの2パターン、要するに"0"と"1"の組み合わせでデータを表現します。
2進数というものですね。

この2進数の1桁をコンピューターの世界ではbit(ビット)という単位で表します。

bpsは1秒間で転送できるビットの量

bpsは"bits per second"の略称です。
日本語で書くとビット毎秒です。

800bpsと表記されていれば、1秒間で800bitのデータを転送できることを表しています。

Bpsとbpsは別物

スピードテストによっては最初の"B"が大文字になっていることがあります。
bpsがビット毎秒だったのに対し、Bpsはバイト毎秒を意味します。

コンピューターでデータを扱う際、8つのビットを1つの塊として扱うことが多いです。
8bitの塊を表した単位がbyte(バイト)です。

8bit(ビット) = 1Byte(バイト) と覚えてください。

800bpsをBpsで表すなら8で割って100Bps、100Bpsをbpsで表すなら8を掛けて800bpsとなります。

bpsの前のアルファベットの意味

bpsの前にはよく"K"や"M"、"G"がつくことがあります。
"K"は"キロ"、"M"は"メガ"、"G"は"ギガ"と呼びます。

これらは大きな値をわかりやすくするための文字です。
"K"は2の3乗、"M"は2の6乗、"G"は2の9乗を意味します。

1,000bps = 1Kbps
1,000Kbps = 1Mbps
1,000Mbps = 1Gbps

というように、少ない桁数で見やすいように表現できます。

あとがき

スピードテストの方法が簡単すぎて400文字で書き終えちゃったので、bpsについてもおまけで書きました。
おまけの方が内容濃くなってしまったけどね。

これで単位変換はバッチリかな?